偽りの王  

帝国から人質として次期王である若君を要求され、その小国は若君を差し出す代わりに、姉の一の姫を若君と偽って送り出した。
弟の振りをして帝国内で生き抜く身代わりとなった彼女の奮闘の物語です。

最終更新日 2014.04.26 更新履歴

始まり
腕比べ  1  2  3  4  5  6  7
侵入  1  2  3  4  5  6
知らせ  1  2  3
視察  1  2  3  4  5
幕間
襲撃  1  2  3  4  5  6
会談  1  2
事後処理  1  2  3  4  5  6  7
計略  1  2  3  4
幕間  1  2  3
帰都  1  2  3
報告  1  2
懸念  1  2  3
暗殺  1  2
暗躍  1  2  3  4
死  1  2  3  4
道行  1  2  3  4  5  6  7  8  9
追っ手  1  2
幕間
隠れ里  1  2  3  4  5
陰謀  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
帰郷  1  2  3  4  5
幕間  1  2  3
『三姫』  1  2  3  4  5
幕間  1  2  3  4
崩壊  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
幕間  1  2  3
暗躍  1

登場人物


残酷な描写あり
小説家になろうで掲載中

ランキングに参加しています。

■著作権は放棄しておりません。
■無断での転載・再配布等はご遠慮ください。

Home(PC用)  Home(モバイル用)

このページは予告無く変えられる可能性があります。リンクはHomeからお願いします。

    inserted by FC2 system